阿部孝次

ジャーナリスト

1945年生まれ。中央大学法学部・政治学科卒後、同大学院・社会学科へ進学後、中退。まったく異なる複数分野の業界紙にて記者を経験後、株式会社健康医学社に入社。

 

月刊『健康医学』編集部のチーフとして、1981-2001年の20年間、日本の家庭療法、民間療法、東洋医学を中心に取材し、執筆してきた。

その間、幾度かの渡米経験で欧米の「代替医学」を知り、東洋医学でいわれる「瘀血」の病理観と、欧米の代替医学でいわれる「異常血液」の並行取材を始める。

 

「異常血液」の血液形態を分析・解説することで医療消費者への健康教育を行っている組織を中心に取材を進める。

自らも血液形態分析技術を磨き、「瘀血」と「異常血液」の理解を深める。

 

2001年、フリーランス・ジャーナリストとして独立。

東京から南房総に拠点を移し、International Health & Education Japanを主宰。

自らの健康づくりに関心を寄せる個人や団体など、全国各地からの要望に応え、出張血液観察会を行う。

 

ゲルソン療法の取材歴は、医事ジャーナリストの今村光一(故人)先生の米国取材に同行したことがきっかけで、1980年代から現在に至る。

 

著作は、瘀血吸圧の原理と血液の観察分析について解説した『バンキー療法を知っていますか』。『沈黙の血栓』(J.プリビテラ著、氏家京子訳、中央アート出版社)では、血液分析の取材レポートを執筆。『【決定版】ゲルソンがん食事療法』(シャルロッテ・ゲルソン著、徳間書店)、『乳がんリスクファクターのすべてを知る』(サミュエル・エプスタイン著、中央アート出版社)は、氏家京子と共同翻訳をしている。 

Webサイト、Gerson Life〈ゲルソン・ライフ〉を運営するゲルソン・アンバサダーは、皆さまからいただいたゲルソン療法に関するサービス料の一部を米国NPOゲルソン・インスティテュートに納めています。皆さまのお力が全世界の人々にゲルソン療法を伝え続ける力になっています。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

Facebook