認定ゲルソン・プラクティショナー育成プログラム

2017年のプラクティショナー育成プログラム

2017年4月30日ー5月5日の6日間、カリフォルニア州サンディエゴで、ゲルソン・インスティテュート主催の医療専門家向けトレーニングが開催されます。これは、毎年5月に開催される恒例の医療専門家向けプログラムです。

トレーニング内容は、モジュールⅠとモジュールⅡに大きく分かれており
、最初のこの6日間のプログラムはモジュールⅠになります。

モジュールⅠ(6日間のサンディエゴ研修)

  • ゲルソン療法の生理学的な基本知識
  • 塩分と水分のマネージメントについて(組織損傷症候群)
  • 細胞レベルの解毒について
  • 治癒の炎症について
  • 肝機能の回復について
  • 調理、ジュース作り、コーヒー浣腸の実習
  • 患者の自宅のセットアップについて
  • (毎日提供される朝食と昼食)
  • (ゲルソン療法に必要な文献と書類一式)
モジュールⅡ(約2年間のオンライン&実践学習)
  • オンライン・ビデオ会議を使用しながら、アメリカ人のゲルソン・プラクティショナーとともに、実際の患者さんに対して治療計画を立て、進める(約2年間)
  • フェーズ1:(GPI、インターン)インターネットを使った授業。法律学、ビジネス計画の立て方、(GPR、レジデント)臨床の進め方
  • フェーズ2:患者さんを指導しながら治療指導研修
  • フェーズ3:3年目以降、臨床発表と認定試験

 

モジュールⅠを受講すると、ゲルソン療法の基本がひととおり理解できるようになります。
モジュールⅡに進み、フェーズ1〜3を修了すると、ゲルソン・プラクティショナーとしての実践力が身につき、試験合格者は認定プラクティショナーの資格を授与されます。
 
モジュールⅡでオンライン会議に参加するには、英語運用能力が一定水準以上必要です。英会話に自信がない場合は、別途、通訳の手配が必要になります。
 
受講料は、モジュールⅠが、2800米ドル。
モジュールⅡが、7730米ドル。
 
詳しくは、ゲルソン・インスティテュートのHPを御覧ください。
 
日本の医療専門家のみなさんのご参加をお待ちしております! 
この件に関する日本語でのお問い合わせは、
kyokoujiieabe@gmail.com
ゲルソン・アンバサダー、氏家京子までお寄せください。

 

ワークショップ、オンライン講義ともに、アテンドや翻訳サポートのご希望にもお応えいたします。

Webサイト、Gerson Life〈ゲルソン・ライフ〉を運営するゲルソン・アンバサダーは、皆さまからいただいたゲルソン療法に関するサービス料の一部を米国NPOゲルソン・インスティテュートに納めています。皆さまのお力が全世界の人々にゲルソン療法を伝え続ける力になっています。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

Facebook