ヒポクラテス・スープのレシピ

このスープは、ゲルソン療法にとって非常に重要なスープです。

ゲルソン医師は、患者さんに、毎日昼と夜に食べるよう指示しました。

ゲルソン療法の大部分は、肝臓の解毒を目的として行っているものが多いのですが、このスープは腎臓のクレンジングに有益だと考えられています。

 

材料(1−2人、2日分):

  1. セロリの根、中1個(無ければ、セロリの茎2−3本)
  2. 西洋長ネギ、中1本(無ければ、ふつうの長ネギ中1本)
  3. 玉ねぎ、中1個
  4. トマト、小3−4個
  5. じゃがいも、中〜大2個
  6. にんにく、4−5片
  7. パセリのみじん切り、カップ4分の1

作り方:       

  1. すべての野菜を洗う — 皮の裏にカビがないかを点検。長ネギは縦に切り裂いて、中の葉をはがし、隠れている泥を洗い流す。
  2. すべての野菜を一口大に切り、大きな鍋に入れる — 細かくし過ぎなくても良い。最後にはすべてフードミルでつぶされる。
  3. 鍋に入れた野菜の3分の2がかくれるくらい水を入れる。
  4. 鍋のふたを閉めて加熱し、水が沸騰したら弱火にして、約2時間加熱する。
  5. スープを冷まし、水分も一緒にフードミルでつぶす。ミルに残った野菜の皮や繊維は捨てる。濾したスープは、カップスープとして飲めるようななめらかさになるように、完成後に適度に水を足す。

そのほか:

  • フードミルは回転レバー式の裏ごし器です。
  • セロリの根にこびりついている泥は、切り落とす。
  • フードミルのレバーは、ときどき時計と反対周りに回転させ、底面の穴からスープがよく出てくるように、そこに引っかかっている繊維を取り除きながら裏ごしする。(繊維はスープに入れないように!)
  • 出来上がったスープにフレーバーを加えるため、生の玉ねぎやにんにくをみじん切りにしてトッピングしても良い。
  • スープは、作ってから48時間までは冷蔵庫で保存ができる。 

Webサイト、Gerson Life〈ゲルソン・ライフ〉を運営するゲルソン・アンバサダーは、皆さまからいただいたゲルソン療法に関するサービス料の一部を米国NPOゲルソン・インスティテュートに納めています。皆さまのお力が全世界の人々にゲルソン療法を伝え続ける力になっています。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

Facebook