日本語での公開が待たれるゲルソン療法のドキュメンタリー映画『THE FOOD CURE』。映画に登場する6人のがん患者さんをサラ・マブローク監督がご紹介します。その一人、マリーは2種類のがんを診断された44歳の整骨医で、4人の子供を育てていました。

自然の摂理を見出し、ゲルソン療法を作り上げた、Dr.マックス・ゲルソンについてご紹介します。

ゲルソン療法の効果を評価するための、悪性黒色腫の元患者を対象にした新たな研究が始まりました。

あらゆる種類の食物にアレルギー反応を示し「食べることができない」病気だったサイ君。ゲルソン療法による回復ぶりがテレビの生放送番組で紹介されました。

2018年、全米での上映がはじまった映画『THE FOOD CURE』。このゲルソン療法のドキュメンタリーを作ったサラ・マブローク監督をご紹介します。

ゲルソン・インスティテュートを率いて15周年。出会ったすべての人を魅了してしまうアニータ・ウィルソン代表の素顔をご紹介します。

転移性乳がんから回復し、認定ゲルソン・プラクティショナーとして活躍中の Dr.メラニア・ナギーについてご紹介します。

ゲルソン療法がどのように働くのか、その「総合的」なイメージを図解にしました。

ヴィーガンレストランSWEET&PEACEで、ゲルソン療法のお話会をいたします。

日本初のゲルソン・シンポジウムを開催します。

さらに表示する